体外受精の確率【体外授精】016

体外受精の確率について
トップページ >

不妊治療の中の体外受精について現


不妊治療の中の体外受精について

現代の世の中では、子供を望んでいるのにできない夫婦が増えてきています。


以前は10組に1組ぐらいの割合でしたが、最近では8組に1組ぐらいの割合となっています。


日本では、普通に夫婦生活を送っていて、結婚してから2年以内に妊娠しなければ不妊症の可能性があると言われています。


不妊症には様々な原因があります。


女性の不妊症の原因として考えられているのが、排卵障害や卵管の癒着や閉塞が原因の障害、子宮筋腫や子宮内膜ポリープが原因の子宮障害などがあります。


特に排卵障害と卵管障害は、不妊症の大きな原因であると考えられています。


男性の不妊症の原因は、精子の数や運動率が悪くなっている場合や射精がうまくいかない場合や、無精子症などの原因が考えられています。


他にも原因がわからない原因不明の不妊症が全体の3分の1をしめています。


そういった場合に行なうのが不妊治療です。


不妊治療には様々な方法があり、病院や症状によって進め方は全く異なっています。


タイミング法などの初期の治療から、人工授精を経て体外受精へとステップアップしていきます。


体外受精になると値段も非常に高額になり、心身ともに大変さは増していきますが、確率は高くなります。


体外受精とは、体外に女性の卵子を取り出しパートナーとの精子と一緒に受精させて、できた受精卵を女性の子宮に戻して着床を促していく治療方法です。


この方法を行なう方は、タイミング法や人工授精からのステップアップをされた方や、体外でしか妊娠することができないと判断された方に行なわれています。


現代では、40人に1人の割合で出産されているぐらい一般的な不妊治療の一つの方法として行なわれていますが、踏み切るまでには非常に勇気がいるものです。


手順としては、排卵誘発を行なって卵子が成熟したら良いタイミングで採卵をします。


採卵された卵子と男性の精子を授精させて受精卵を作り、体外で培養されて胚移植となります。


体外受精のメリットは、効率良く精子と卵子を組み合わせることができることです。


質の良い精子と卵子を選ぶことができますので、受精卵になる可能性も高くなります。


費用は病院によって全く違いますが、1回あたり15万円から50万円ぐらい必要です。


体外受精を行なうためには、時間と高額な費用が必要となってきますが、それ以上に心身への負担も大きくなってきます。


時にはくじけてしまうこともありますが、夫婦二人で協力をしながら乗り越えていくことが非常に大切です。




体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、体外受精の確率、
ページの先頭へ

メニュー

メニュー

Copyright (c) 2014 体外受精の確率【体外授精】016 All rights reserved.